彩秋の風

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017年4月14日 春なのに・・・ 奈良・桑名 (その2)

<<   作成日時 : 2017/04/14 07:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 桜も満開が過ぎ、散り始めているというのに、こたつが手放せない横浜ですが、
 北の国で 入学式を済ませた孫のタンタンの登校風景もすごいことに・・・・。
 
画像
 
 この写真、昨日(13日)の朝の様子なんですよ! 大きなランドセル背負って、大変。
 一年生タンタン がんばれ!! 

 さてさて、前回のアップ後 翌日すぐに桑名の事を、と思っていたのですが、
 いろいろ用事が出てきて、あっという間に もう 金曜日です。
 京都行き深夜バスに乗ってからもう一週間??!!(苦笑)

 プーさんの一時帰国滞在が伸びたり、マンション理事のご用もサッシ替え・火災修理・居住者一覧表作り手伝いと増えてきて、それに加えて そろそろ夏旅行は?とか。
 でもでも、忙しい事はいいことです。いろいろ 楽しいことの準備もあるし・・・、頑張ります。


  桑名で一泊、翌朝はまた雨でした・・・・。
 せっかく こちらへ来たんだからと、「コメダコーヒー」へモーニングを食べに行きました。
 横浜にも進出しているコメダコーヒーですが、地元でモーニングを食べに行くことはなくて、
 入ったことのないお店ですが、お店の前は 何度も通っています。
 ふ〜〜ん、どこでもこの外装がトレードマークなのですね?! (笑)
 横浜で見るお店と全く同じ外装のお店でした。
 
 お店の中は ほぼ満席、混んでます
 日曜の朝 8時、皆さん 朝ごはんに来られるのですね・・・・。

 プーさん曰く「みんな 長居するんだよ」 とか。そう言われて見ると、皆さん 新聞や雑誌をゆっくり読んでられます。

 二人で、 「名古屋名物おぐらあん」モーニングセットです。
 
画像

 一口かじった後の写真で すみません。 コーヒーが 美味しかったです。

 私達も 週刊誌を読んで エヘッ、9時までゆっくり(笑)、 
 順番待ちの人が並び始めたので、失礼することに・・・。
 でもね、日曜のモーニングに並んで入る??!! びっくりです。

 すぐ近くの 市立図書館へ寄りました。
画像

 こじんまりとした図書館ですが、新しくて自動貸出機というものがありました。
 インターネット利用や オーディオ鑑賞コーナーもたくさんあって、うらやましい。

 10時頃、雨があがって、お散歩日和になったので、「六華苑」目指して出発です。

 お堀沿いの遊歩道をトコトコ行くと、寺町通りの入り口の 「かぶらせんべい」の看板、
 プーさんは以前から、気にかかっていたらしく、
 「なんだと思う?」
 「かぶら って野菜の蕪?」というわけで、覗いてみました。
 
画像

 蕪の形に焼いた 卵と小麦粉の 関西風のおせんべいです。
画像

 試食させてもらうと、ほんのり甘くて、なつかしい味。
 右上のちょっと黒いおせんべいは「たがね」と言って こちらも桑名のおせんべい、お醤油味でパリッとしていて、美味しかったです。男性は こちらがお好きかも。
 お店の奥さんに、「どうして蕪? 昔 ここら辺は 蕪の産地だったとか?」と聞いてみると、
 
 桑名藩主の祖で松平定信公が「菜根譚」の一句
 「人常に菜根を咬み得ば 即ち百事倣す可し」の故事に因み節約勤勉を奨励し 自らも実践したのが、城下町桑名の良い風習として、受け継がれてきた事に由来するそうです。

 お店の横からは寺町商店街が続きます、日によっては 市が立って賑やからしいのですが、
 今日は昭和を感じる静かなアーケード。 
 
画像

 商店街の途中に お寺がありました。桜が満開で ハラハラと桜吹雪。
画像

 散る花びら、ゴミか写真の傷のようにしか 写りません・・・(苦笑)
 
画像

 アーケードを抜けて、しばらく行くと、 お祭りの山車を出しているのに、出合いました。
 
画像

 そう、桑名に来てから あちこちに貼ってある「石取祭り」のポスター、
 気になってたのですが、そのお祭りの山車?
画像

 前に小さい車が付いた 三輪車の山車です、どうも、試運転のようで、道路をドンドン進んで行きました。

 石取祭りはこちらに詳しいですが、
 「石取祭り」というのは 賑やかなお祭りのようです
 確かに、小柄な山車なのに、大きな太鼓と、鉦が4つも付いてましたよ・・・。
 
 建物大好き にゃん子としましては、この車庫は見過ごせません。
 昭和初期の物だろうと近寄ると、「蔵前祭車庫」とプレートが付いていて、
 
画像

 大正15年(1926)でした。
 文化庁の「登録有形文化財」に登録されていて、三重県内における初期のコンクリート造建築だそうです。
 この黒さは、戦火から 山車を守った証なのかもしれませんね。

 いろいろ好奇心を刺激する街 桑名、なかなか「六華苑」にたどり着きません(笑) 
 長くなりましたので、今日は ここまで。 続きは また、後日。
 中央図書館のブログに 「六華苑」とご縁の諸戸家のお話しがあったので、お暇でしたら お読みくださいませ。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2017年4月14日 春なのに・・・ 奈良・桑名 (その2) 彩秋の風/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる