2016年5月15日 シトロ園

  今年の1月の東伊豆のシトロ園また お邪魔してきました。
 春にお邪魔するのは 初めてです。
 この時期は なにが収穫できるのかなぁ~~? ウキウキと、お出掛け。

 園に着くと 甘~い香りがしていて・・・。
 画像

 お花!、真っ白いお花です!!
 あちらの木も、こちらの木も・・・。
 
画像

 ポルトガルのアーモンドのお花もバッファウ渓谷のアプリコットのお花も 時期が外れて空振りだったのに、
 予想もしていなかった伊東で 柑橘類のお花に出会えました。

 とっても いい香りで幸せ~~。
 収獲の方は 種類の少ない時で 悪いね と言われましたが、
 いえいえ、とんでもありません、丹精込めて造られたのを 分けて戴いて、感謝感謝です。
画像
 
 左上から右回りに 日向夏、甘夏、セミノール、写ってませんが、レモンも頂きました。

 「セミノール」 って おみかん初めてです。
 パッチワークをする方は えっセミノール?! って思っていらっしゃる方も、いらっしゃいますよね?!
 私も へぇ~~、と 思いました。パッチワークの技法の一つで 細長い布を何本かミシンで縫って一枚の布状態にして、それを縦に細く切って、色をずらして接ぎ合せて模様にするっていうものなのですが、この説明では わからないですねぇ~~(すみません)

 おみかんの「セミノール」は アメリカフロリダ州で品種交配されたもので その場所のセミノール湖に由来するらしいです。
 パッチワークの「セミノール」は アメリカンインディアンが作っていた方法で その部族の名前から 
 セミノール と言うというらしいと 聞いたことがあります。
 セミノール族を調べると、フロリダにいたインディアンの様です。
 フロリダ でつながるのかな・・? 

 ウド、スティックエンドウ、にら、イタリアンパセリ などなど いただいてきました。

 その中で、一番は 「山椒の実」 
 大きな木に たわわに生っていて、ドサッと収獲させてもらいました。
 
 山椒って、あの小さな実が ブドウのような房状態で出来るんですね、見たの初めてでした。

 塩ゆでして、枝を取って、冷凍にしたらいいと、教えてもらったので、やってみました。

 生の状態の写真を撮るの忘れちゃった・・・・。
 茹でて、大きい枝を取ったのが これ。
 
画像

 まだ、小さい枝が付いてます。
 このままでも、食べれるよ、と言われたし、ネットの記事もこれで大丈夫と書いてあったんだけど・・・・。

 やっぱり、取りたくなって、手でチマチマ・・・、頑張ること 2時間
 
画像

 やりました。 
 小さな小さな枝だけど、ちりも積もれば 小さな山に・・・(笑)
 
 さっそく 少量醤油漬けにしてみました。どんな感じになるのかな?
 ちりめん山椒も作ってみようかな。たくさんあるので、 まずは 小分け冷凍します・・・・。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント