2021年1月21日(木)本「散骨という・・」その2

冬の夕焼け。
IMG_0065.jpg
明日から お天気は下り坂らしいですね。
 
4日前に書いた「散骨という・・・」の 続きです。

20年前、プーさんとにゃん子が
お寺さんを呼ばない、戒名なし、お墓無し」が 良いなぁと考えて、
子供に話した時の
子供達の返事のご紹介で 前回は終わってましたね。


(当時大学生)は、  、
「そういう事は ちゃんと書いといてね。
 お骨はどうするの? 
 宇宙葬とかも あるらしいけど、費用の心配は お願いね。」
   にゃん子: いや~~、宇宙には 飛ばさないで!!(笑)
         お骨をどうするか、は宿題だわ、と思いました。
息子(高校生)は、
「お墓が無かったら、どこへお参りに行けばいいんだ・・・。」
   にゃん子: へぇ~~! そういう風に思うんだ?!
         困ったね、そういう場所が必要なのかしら?。
         私たちより 古風(?)な考えなのに、びっくりしました。
  
20年経って
二人とも結婚新しい家庭をもっているので、
今の想いは 違っているかもしれません。
機会を作って また、話してしてみたいと思います。

という次第で この20年、「遺骨はどうすか」は心にとめていました。

散骨と言っても、20年前は、
お骨を粉骨してもらう業者も少なく 料金も高くて大変そうでした。
扱っている会社も少なかったです。

現在は
千の風になって」という歌が流行ったり、
墓しまい」などという言葉も 出てきて、
人々の告別式・お墓に対する認識も変わってきましたね。

「散骨」という事も メディアに取り上げられたりして、
認識され始めてるなぁ~~と感じます。

プーさんは「樹木葬」も 良いなぁ、と言ってるのですが、
私たちの思っている、樹木葬は 
たくさんの樹の中の 一本の樹の根元に 
お骨を埋めてもらうという感じなのですが、

「樹木葬」の広告を見ると、
石碑があって、周りに樹々が植わってる という感じが多いです。
個人の石碑は お墓と同じなので、要らないんだけどなぁ~~。

散骨 樹木葬の文字を見ると、気になります。

著者の「村田ますみ」さんという方は
お母さまの生前のご希望で 沖縄で散骨をされた後、
パーティークルーズ事業と日本海洋散骨の会社 ↓ を作られた方なんです。

私はネットで
ブルーオーシャンセレモニーというこの会社のウェブサイトを見て、
この本にたどり着いて、読んでみました。

* お墓に入りたくない
* お墓の大問題
* 知識ゼロからの散骨入門
* 散骨は実際どのように行われるの?
* これまでおこなって印象的だった散骨
* 散骨をした後のこころのよりどころは?
* 自分の遺骨を散骨してもらうには? 

 というような章が並んでいます。

散骨をした後のこころのよりどころは?」の章で
  散骨は いつまでにやらなければいけないという決まりはない、
  すべてを撒かずに一部を残す、手元供養という選択もある
  「メモリアルクルース」というのがあって、
  散骨した場所へ再び船へ行って、追憶の時を持つことが出来る。

自分の遺骨を散骨してもらうには?」の章では、
  もっとも大切なのは 家族とのコミュニケ―ション
と書かれていました。

そうです。
お通夜・告別式から始まる一連の行事は
残された者のためにあると 思います。
死んだ者には 見えません、わかりません。
霊になって見てるぞ~~なんて、怖いことは言いません。(苦笑)

「私の希望」というだけでなく、家族がどうしたいかが 大切です。

遺言書という形もありますが、
遺言によって法的に有効となる事項は 法律で決まっていて、
葬式や戒名に関する希望は含まれていないらしいのです
遺言書の中にあっても、それは 故人の希望・お願いで、強制力はないようです

私たち夫婦、お互いは 希望通りに出来るけれど、
二人が 逝ってしまった後は 子供たちが 
「良いと思う方法」で と思います・・・。
こういう話が だんだん身近な年齢になってきましたが、
なかなか 筆が進まない話題でした。 


   散骨に ご興味のある方のご参考に
      一般社会法人日本海洋散骨協会
      サンコツオンライン















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント